ポテトサラダで食中毒 5歳女児が意識不明

o157

O157で食中毒 埼玉県でポテトサラダを食べた、8人が腹痛 このうち5歳女の子が意識不明 病原性大腸菌(びょうげんせいだいちょうきん)とは、特定の疾病を起こす大腸菌菌株の総称である。毒素原性大腸菌[1]とも呼ばれる。細菌学的には、菌の表面にある抗原(O抗原とH抗原)に基づいて細かく分類される[2]。このなかで、O111やO157は100人を超える規模の食中毒をたびたび発生させることがあり先進国で問題となっている[3] ポテトサラダで食中毒 5歳女児が意識不明 O157 埼玉 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170821/k10011106701000.html 過去のO157の集団食中毒は 静岡の花火大会「集団食中毒」 原因はキュウリ 過去のO157の集団食中毒は 静岡の花火大会「集団食中毒」

ページの先頭へ